平成27年度日本学校農業クラブ全国大会(群馬大会)最優秀賞(文部科学大臣賞)


平成27年10月に群馬県で「日本学校農業クラブ全国大会 群馬大会」が開催されました。地元開催である本大会で、植物バイオ研究部がプロジェクト発表会 区分「文化・生活」に出場し、最優秀賞(文部科学大臣賞)を受賞しました。群馬県神流町の伝統食材「アワバタダイズ」を活用した地域の活性化にむけた取り組みです。

今大会では、意見発表会や平板測量競技でも群馬県代表が全国最優秀賞を受賞しており、地元大会で群馬県の農業高校が活躍することができました。

平成24年度日本学校農業クラブ全国大会(長野)最優秀賞(農林水産大臣賞)受賞


平成24年10月に長野県で行われた「日本学校農業クラブ全国大会 長野大会」に植物バイオ研究部が出場し、プロジェクト発表会 区分「食料・生産」で最優秀賞(農林水産大臣賞)を受賞しました。

群馬県高山村で行ってきた「リンドウ」の産地化にむけた研究について発表し、全国9ブロックで代表となった農業高校の出場チームの中から最優秀賞に選ばれました。

第54回 学芸サイエンスコンクール 内閣総理大臣賞 受賞


平成23年に行われた「第54回 全国学芸サイエンスコンクール」高校生の部 自然科学研究部門で、植物バイオ研究部が内閣総理大臣賞を受賞することができました。

学芸サイエンスコンクールは、全国の小学生・中学生・高校生向けの国内でも歴史あるコンクールです。研究・アート・文芸の幅広い部門が設けられ、多様な作品が応募されます。今回は応募総数62,363点の中で、植物バイオ研究部が行ってきた「大白ダイズの育種に関する研究」が頂点に輝きました。