バイオテクノロジー科について


バイオテクノロジー科の目標

生物資源の活用や植物の繁殖、育種に関する知識・技術を習得し、農業や関連産業における技術革新の進展に対応できる将来のスペシャリストの育成を目標としています。

 

バイオテクノロジー科の特徴

地域と連携した様々な研究・活動や、連携大学との共同研究に力を入れています。専門性の高い研究・活動を支援することで、高校での経験を生かした進学・就職を実現できる体制を整ええています。

バイオテクノロジー科の学習

1年次においては、「植物バイオテクノロジー」や「農業と環境」について実験や実習を通して学習し、2年次からは特に植物について学習する「植物バイオコース」と微生物について学習する「フードバイオコース」に分かれて、さらなる専門学習に取り組みます。